資金のこと

HOME > 資金のこと

家は一生に何度とない大きな買い物

イメージ

自分の住宅を手に入れようと思ったとき、気になるのはお金のことではないでしょうか。
ほとんどの人にとって一生に一度あるかないか、
実際にかかる費用は?自己資金はいくら必要なのか?住宅ローンは?税金は?など、
「わからないことがわからない」状態ではないでしょうか。
家は一生に一度の大きな買い物です。予備知識を得て、
余裕を持った正しい資金計画を立てることをおすすめいたします。

住宅取得にかかるお金とは/自己資金の足りない方でも相談を/住宅ローン返済例イメージ/「どれだけ借りられるか」より「いくら返せるか」が重要/エミフルハウス取得後のライフプランも考える/万が一の時、家族もマイホームも安心

住宅取得にかかるお金とは

必要な資金は、建物本体価格分だけではありません。ここでは実際にかかる様々な費用をご紹介します。
これらの費用は、家の内容や、土地、予算によって変わってきますので、参考までにご覧ください。

土地・建物の費用+その他の費用 照明・カーテン付

建物本体価格以外の費用も、色々と発生する

自己資金の足りない方でも相談を

総費用 / 自己資金(2~3割) 住宅ローン

住宅ローンの借入額と自己資金の合計額が家づくりの総予算となり、
この予算が総費用を上回るようにします。
一般的に、自己資金は総費用の2~3割をご用意いただくのが
望ましいとされています。

自己資金は総費用の2~3割準備するのが望ましい

住宅ローン返済例イメージ

例えば、500万円の土地にエミフルハウスを建てた場合

土地代+エミフルハウス=合計
  • 返済例<A>
  • 返済例<B>
  • 返済例<C>
  • 返済例<D>

※わかりやすくするために[本体価格+土地代]の返済例となっています。
※別途諸経費がかかります。

今後のライフプランを想定して、ローン期間を決めよう!

「どれだけ借りられるか」より「いくら返せるか」が重要

借りられる金額が返せる金額とは限りません。
月々の返済額は、現在の家賃と同じ金額でローンを組み、残りをボーナス払いというのは、
健全な資金計画ではありません。収入をもとに、生活費、養育費、生命保険、家のメンテナンス費など、
支出の割合を考慮した上で、余裕を持った資金計画を立てることが大切です。

ボーナス払いを当てにせず、余裕をもった資金計画を

エミフルハウス取得後のライフプランも考える

家を購入することだけが目的になってしまってその後にかかる諸費用を考えないようでは、
せっかく住宅を取得しても、やりたいことが何もできなくなってしまいます。
住宅ローンを組む前に、今後の生活をある程度想定することが必要です。

子供の教育費/車の買い換え/旅行/生命保険/家のメンテナンス費 etc

人生を選択するため、楽しむための費用も考えておく

万が一の時でも、家族もマイホームも安心

一家の大黒柱、世帯主に万が一のことが起こっても、
団体信用生命保険(団信保険)が本人に代わって住宅ローン残高を支払います。
つまり、残された家族が住宅ローンに追われるということはありません。
また、賃貸住宅とは違い、家を家族に残すことができます。

団体信用生命保険(団信保険) 住宅ローンを組む際に付随する生命保険です。住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う制度です。

団体信用生命保険が住宅ローン残高を支払う場合あり